-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-30 (木) | Edit |
こんにちは( ・ิω・ิ)
マガキの歌の人です。

5月は色々行ってきましたよ(^^)

まずは、牡蠣の養殖見学!
そう!海へGo!です!

見学にご協力していただいた「進生水産」の岡本さん。
本当にありがとうございます!
写真

で、早速現場に向かいます゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.
IMG_1739.jpg


船に乗って「牡蠣いかだ」に。
IMG_1737.jpg

岡本さんはひょいと船から「いかだ」に移って、先に作業をされていらっしゃった方のお手伝いに( ・ิω・ิ)
IMG_1738.jpg


「いかだに乗ってもいいよ(^^)」と言われたので、先にもう一人のマガキスタッフに行ってもらいました。
後で僕も乗りましたが、揺れる「いかだ」の上で這いつくばってました(笑)

折角なので、少し体験をさせていただく事になり、「いかだ」の上で作業を行いました。
「ツリセン」と呼ばれる養殖用のロープに、牡蠣の種のついたホタテの貝殻をつけていきます。
この作業はいたってシンプルなのですが、海に沈めた時に落ちないようにセットする難しさ。。。
僕が1つのロープをセットするのに従業員の方々は3本以上作ってました(笑)ガンバッテー(∞*・3・*)ノ

次は「いかだ」に「ツリセン」ロープを引っ掛ける作業です。
セットし終わったロープ6本を落とさないように「いかだ」の下に潜らせて移動し、「いかだ」にロープを1本ずつ引っ掛けます。
ホントに簡単に引っ掛けるだけなので心配になるほどです。
以上。なんともあっさり終わってしまいました。
1つの「いかだ」に「ツリセン」ロープを約1,000本以上引っ掛けるそうです
( ー`дー´)キリッ凄いです!!

この作業を簡単なんて思っていたら、僕は収穫時期になると痛い目をみるでしょうね(((( ;゚д゚))))アワワワワ
あれだけ軽かった「ツリセン」ロープにぎっしり大きくなった牡蠣が付くんですから、そりゃもう重たいそうです(´Д`|||)
流石に人の手では重たいのでクレーンを使い収穫するとの事。

この工程を経て岡本さんたちのおかげで、僕達の食卓に毎年美味しい牡蠣が並ぶわけですね。
有難いことです゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.

実はまだ、他に工程があるのですが
それについてはまた後日です( ・ิω・ิ)

本当に貴重な体験をしました!
「進生水産」岡本さんとその従業員の皆さま、ありがとうございます!

帰りに岡本さんから、今季最後の牡蠣をいただきました( ・ิω・ิ)
岡本さんが言うには「この時期の牡蠣は大味だけども、蒸し牡蠣にすることで旬とは違った味わいになるんだよ。あと、しっかりと火は通して食べるようにね!」とおっしゃっていました(・ω・)
なので、家で蒸し牡蠣にし食べ、美味しくいただきました(๑・ิω・ิ๑)
本当に美味しかったぁ!

では、マガキの歌の人でした♪
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。